美と健康

BEAUTY AND HEALTH

サマリー

人はいつの時代も美しさを追及してきました。 世界三大美女と呼ばれる、クレオパトラ、楊貴妃、小野小町。 彼女らも美を追求するため、あらゆる美容法を行っていたとされます。

このように人は古来より美をもとめて試行錯誤してきましたが、人の美しさの感じ方は文化によって、また、個々人の価値観によっても大きく異なります。 ある国ではすらっとした体系の人が好まれる一方、ふくよかな人を好む国もあります。 このように美しさというものは、一概にこれだと断言することが難しい概念です。

しかし、心理学者のナンシー・エトコフ氏によれば、文化に左右されない普遍的な美しさ、というものが存在します。 それは、『若さが強調された特徴』です。 『若さが強調された特徴』と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか? 恐らく、誰もがハリのある肌や、つやのある髪、元気ハツラツとした表情などを思い浮かべたでしょう。それらは誰もが本能的に『美しい』と感じる特徴であり、『若さ』の象徴なのです。 そして、それらの特徴は、健康な人の特徴そのものであることに気付くでしょう。

つまり、美と健康は本質的には同じこと。 健康を追求することによって、自然と美は獲得されるものなのです。 それでは、健康を追求するとはどういうことでしょうか? 私たちは、『腸』『血』『骨』の3つの健康を保つことだと考えています。 これらはすべてが美しさを保つのに重要な役割をしており、すべてをバランスよく健康に保つことが、美しさを最大限に引き出すことにつながるのです。