Company

企業情報

事業紹介

私達は全員が農家であり、加工品のメーカーであり、販売を行っている、いわゆる6次化された農家集団です。

6次化とは、1次産業(生産)+2次産業(加工)+3次産業(流通・販売)を足したことを指し、農業を総合産業として捉えた活動のことを指しています。

6次化することにより、今までのような野菜の栽培のみを行う農業とは違った価値を生み出すことが可能となります。

以下では、私達が行う6次化農家集団の意義を記載します。

6次化の意義

正確な情報提供
私達の生産物は食物であり、お客様の身体の中に直接入るため、その情報は正確でないといけないと考えています。
農家が直接お客様と接することで、野菜や栽培の詳細な情報を正確に伝えることができます。
新鮮な野菜の提供
一番美味しい野菜とは鮮度が高い野菜だと考えています。
青果市場を通さず直接お客様にお届けできるため、新鮮な朝採れ野菜をその日の内に提供することができます。
完熟野菜の提供
特に果菜類の野菜(トマト、ナス、ピーマンなど)は、木で完全に熟した状態のものが、味が良く、栄養素も豊富になります。
私達は収穫したその日にお客様にお届けできるため、数日間に及ぶ輸送時間が無く、出荷ギリギリまで木で熟した美味しい野菜を提供することができます。
安心感や信頼感の提供
私達は数値化された安全性も重要だと考えますが、それ以上に、安心感や信頼感のほうが大事だと考えています。
農家と消費者が直接関わることで、人柄も含めて野菜の購入を決定して頂くことができます。
お客様の求める商品づくり
製造業だけでなく農業においても、生産者が作りたい商品を作るではなく、お客様が求める商品作りが求められています。
農家が直接お客様と関わることで、お客様のニーズをくみ上げた品種の野菜や加工食品を提供することができます。

私達はこの6次化農家集団として、今後も様々な価値を提供して参ります。