栽培法

CULTIVATION METHOD

サマリー

農薬、除草剤を使用しません。
化学肥料を使用しません。
鶏ふん、牛ふん、豚ぷんを使用しません。
私達なりのこだわった農法で野菜を栽培しています。

私達は、美味しくて、安全で、栄養素が豊富な野菜を作るため、農薬や化学肥料、家畜糞に頼らない、こだわりの有機物資材を利用した野菜の栽培を行っています。

有機物を利用することで昆虫や有用微生物の働きが活発化し、自然な形での土作りができ、植物が生長しやすい環境を整える事ができます。

そうした環境を整えることが農家の仕事であり、その結果、美味しくて、安全で、栄養素が豊富な野菜ができあがるのだと考えています。

こだわりの栽培指針

健康を害する可能性のある資材を使用しない

農薬、除草剤、化学肥料、家畜糞を使用しません。
農薬を使用しない代わりに、コンパニオンプランツやバンカープランツ、防虫ネットなどを使用します。除草剤を使用しない代わりに、草刈機、草刈り鎌を使用します。
化学肥料、家畜糞を使用しない代わりに、こだわり有機肥料を使用します。

使用する肥料は選び抜いた有機肥料のみを使用

鶏ふん、牛ふん、豚ぷんなどの有機肥料を使用しません。
チッ素補給には圧搾したごま油かすを、堆肥には煮出し抽出した薬草かすを使用し、溶剤抽出したものは使用しません。
※その他の肥料情報は有機資材一覧をご覧ください。

微生物を活用した育土・肥料作り

酵母菌、乳酸菌、枯草菌など人間の身体にも有用とされる菌を活用した土作り、肥料作りを行います。
これらの微生物が土中に棲みつきやすいようにもみ殻くん炭を使用します。

収量よりも品質を重視

収量を考えると農薬、化学肥料を用いた慣行栽培に到底及びません。
私達は、美味しい、安全、栄養素が豊富といった品質にこだわった野菜の栽培を行います。

鮮度を重視

収穫から出荷の時間をできる限り短くします。
私達の目指す美味しい、栄養素が豊富な野菜を実現するためには鮮度が大事です。
収穫したその日に出荷することを目指しています。

完熟を重視

特に果菜類の場合、熟す前の青い状態で収穫、出荷しません。
私達の目指す美味しい、栄養素が豊富な野菜を実現するためには熟度が大事です。樹で完熟になるまで生育させてから出荷します。
※追熟が必要な野菜は追熟後に出荷しています。