栽培法

CULTIVATION METHOD

安全安心を求めて

昨今、食品の安全が脅かされるニュースが相次いでいます。 そのようなニュースを聞くたびに、いったい何を信じて食べ物を選べばいいのか…と途方に暮れる思いでいる方々も多いことでしょう。 食べ物の多くは、人間がつくるものなので絶対確実な安全、というものはおそらく未来永劫得られることはないでしょう。しかし、できる限りの安全を追求することは必須だと私たちは考えます。私たちの農法は、私たちなりに安全を求めた結果として選択したものです。

また、私たちは、安全だけでなく、安心も追及したいと考えております。 いくら科学的に安全が保証されている食べ物でも、その情報が嘘であっては何の意味もありません。昨今の、食品に関する不祥事によって、消費者の食品の情報への不信感は日に日に大きくなっているでしょう。日々口にしている、皆様が何気なくスーパーで買った野菜も、誰が作ったのか、どんな扱いを受けて育ってきたか、わかりません。これでは皆様の不安が募るのも無理はないでしょう。

そこで、私たちは農家として、野菜を販売させていただくのです。 自分たちが育てた野菜ならば、どのような扱いをしたかはすぐにわかります。 皆様が私たちの野菜を手に取るまで、できるだけ私たち自身が野菜のそばにいる。 それが皆様の安心につながれば、と思い私たちは一生懸命に土に向き合うのです。

わからないことも多い残留農薬

食品中の残留農薬の問題はよく耳にすることだと思います。 海外産の野菜だけではなく、国産の野菜も残留農薬の基準値を超えた報告や、使用が禁止されている農薬が使われていた報告など、探せばいくらでもでてきます。 基準値内に抑えられた農薬だとしても、近年では農薬の相乗毒性というものが認知されてきていて、単独では基準値内に抑えられた量しか使用していなくても、あらゆる農薬を使うことで毒性を高めあう可能性があることがわかってきました。 また、残留農薬の安全に対する基準値は、もちろん人間に対して安全である、という値であり、健康な体を実現するのに不可欠な腸内細菌への影響は明らかになっていません。しかし、程度が不明とはいえ、よい影響を与えないことは大いに考えられるでしょう。

硝酸態窒素とは?

もうひとつ野菜の安全性に関わる問題として、硝酸態窒素があります。 この硝酸態窒素は植物が窒素飢餓に備えて植物体内にたくわえるものです。人が飢えに備えて脂肪を蓄えるのと似たようなものでしょう。よって、正常な植物も硝酸態窒素を含みますが、問題なのはこれが過剰になったときです。

過剰になった硝酸態窒素は体内で亜硝酸態窒素というものに変わります。この亜硝酸態窒素が、体内でニトロソアミンという発ガン物質に変化したり、また血液中のヘモグロビンに作用し、酸素を運ぶ能力を持たないメトヘモグロビンという物質に変化させたりして、健康に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。特に、乳幼児のヘモグロビンは成人のものよりもこの変化を受けやすく、メトヘモグロビンによる症状が出やすいことが知られています。この症状により、全身が真っ青になるため、ブルーベビー症候群として知られています。

化学肥料を用いると、即効性があるため植物は余分な窒素成分をもてあまし、硝酸態窒素が過剰になりやすくなります。 一方で、堆肥やボカシ肥を主体とした作物栽培では、植物はゆっくりと窒素成分を吸収するため硝酸態窒素が過剰になりにくくなります。また、糖の葉面散布によっても糖と窒素のバランスを整えることができるため、硝酸態窒素の蓄積を防ぎます。

我々は化学農薬を使用しない栽培、堆肥、ボカシ肥、葉面散布を駆使した栽培にこだわって安全で、なおかつ安心を感じられる野菜を提供することを心がけています。

まとめ

  1. 最近の農薬は安全と言われるが… 農薬の相乗毒性や、腸内細菌への影響などは研究が進んでおらず危険性は未知

    化学農薬を使用しない栽培を

  2. 硝酸態窒素の蓄積は即効性の高い肥料で起こりやすい

    ゆっくりと肥料を効かせるためにボカシ肥を、糖と窒素のバランスをとるために葉面散布を