栽培野菜

ITEM

みやまこかぶ

分類
アブラナ科
原産地
中央アジア、ヨーロッパ西南部

summary

【みやまこかぶの特長】
金町こかぶから選抜された固定種です。

生で食べると梨のような甘みがあり、加熱すると溶けるほど柔らかくなります。


【かぶの特長】

白い実の部分には消化酵素のジアスターゼが含まれており、胃もたれや胸焼けの解消などに効果があります。

葉も大変栄養価が高く、カルシウム、カロテンのほか、ビタミンB1、B2、Cなどを豊富に含みます。

 

また、実と葉両方に含まれるグルコシアネートは発がん性物質を解毒し、活性酸素を取り除く働きがあると言われています。

 

収穫時期
11月中旬〜1月中旬
栽培品種
保存方法
葉と実を切り離し、葉は濡れた新聞紙などで包み保存。
実はビニール袋等に入れてそれぞれ冷蔵庫で保存します。

葉はなるべく早く消費してください。
実は4日ほど保存可能です。

関連するレシピ