レシピ

RECIPE

ベジブロス

ベジブロスとは

ベジブロスとは、野菜のヘタ・皮・タネなどを煮こんで作る野菜のだしです。

でも余り物のだし、とあなどってはいけません!
高い栄養効果とおいしさがたっぷり詰まった出汁、それがベジブロス最大の魅力なのです。

魅力の1つである高い栄養の秘密は、豊富なファイトケミカルにあります。

ファイトケミカルとは

ファイトケミカルとは、野菜、果物、豆類、芋類、海藻、お茶やハーブなど、植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質です。

たとえば、赤ワインに含まれているポリフェノールもファイトケミカルの1つです。
緑茶に含まれるカテキン、大豆に含まれるフラボノイド、ニンジンやカボチャなどに含まれるカロテン類など、現在発見されているファイトケミカルでも約1,000種類以上あります。

ファイトケミカルを摂る必要性

植物は動物と異なり、自分で好ましい環境のところへ移動できず、過酷で変化の多い環境で生きていかなければならないため、動物とは異なる自己防衛能力を持っています。

強い紫外線や雨風にさらされても移動できない植物は、酸化を防ぐ抗酸化力、抗菌力を自らもっています。
虫や動物から逃げられない植物は、臭いを出して遠ざけることもあります。

身を守るために植物が自ら作り出した色素や香り、辛み、苦みなどに含まれる機能性成分が植物体内にはあるのです。

一方で、ヒトは動物であり、ファイトケミカルを作り出すことはできません。
その代わり、ヒトはファイトケミカルを含んだ野菜や果物を食べることで、植物のちから(=ファイトケミカル)を摂り入れることができます。

ファイトケミカルの摂取により、抗酸化力や免疫力がアップし、生活習慣病やアンチエイジング、健康維持・改善に役立つのではないかと期待され、現在研究が進んでいます。

なぜヘタや皮、タネを煮込んだベジブロスが良いのか?

このファイトケミカルの多くは野菜の皮やヘタなど、捨ててしまいがちな部位に含まれています。 皮は土の中の害虫や細菌、紫外線から身を守るために、種やヘタはこれから成長するために、栄養が詰まっています。

野菜の細胞内にあるファイトケミカルは加熱によって細胞外へ溶け出す性質があります。 ベジブロスは、生野菜ジュースよりも効率的に摂取できる抗酸化力満点のスープなのです。

できあがったベジブロスはまろやかな甘みとうま味が口いっぱいに広がります。今まで野菜くずとされてきたヘタ、皮、種の魅力をぜひベジブロスで感じてみてください。

ベジブロスの作り方

ベジブロスの材料
・水 1500cc
・酒 小さじ2
・野菜クズ 100g~150g
ネギの緑の部分、しいたけの軸、玉ねぎの皮とへた、人参の皮とへた

1:材料の野菜を用意する
野菜のクズを100~150g用意し、しっかりと汚れを落とします。
ここでは、ネギの緑の部分、しいたけの軸、玉ねぎの皮とへた、人参の皮とへたを用意しました。
他にも、大根の皮、トマトのヘタ、なすのヘタ、りんごの皮などでも調理可能です。
2:野菜を煮こむ
大きい鍋に分量の水とお酒、野菜くずを入れて火にかけます。
沸騰したら弱火にして30分程コトコト煮こみます。
3:野菜を濾す
30分たったら野菜を濾しします。
4:できあがり
今回使った野菜くずで作ったベジブロスはキレイな赤褐色でした。
冷蔵庫で3日ほど保存できます。

ベジブロス活用レシピ